FC2ブログ

我が家で、一番の贅沢品だった物は?

みなさま こんにちは。

眠りの森のナビゲーター
心理カウンセラーの 森みのりです。

わたしが子どものころは、
いつも、掛布団の鏡は、パッチワークの布でできていました。

見本の小さな布や、端切れをつなぎ合わせたものでした。
まかないで、質素なようですが、
今から思えば、なかなか味がありました。

が、中味の綿は、父親の自慢の、当時、一番いい物を入れてくれていたので、
子どもながらに、寝心地がよいなあと思っていました。

だから、やっぱり、
ふとんが我が家で一番の贅沢品だったのです。

人生の、三分の一の時間を過ごす布団に、
一番お金をかけるのは、理にかなっているというものです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katomen

Author:katomen
徳島県で手作りふとんの製造販売をしています。
1952年創業 
今年で65年になります。

最新記事
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
カテゴリ
カウンター
マウスポインター花
舞い落ちる綿毛
天使の羽根
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR